| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

選ばれしポタン

いよいよ肌寒くなって来たので、ポタンの冬服を出していたら…



nov11-1



昔のカレンダーが出てきました。
お空のポチオ犬が病気になってからの、日々の様子をメモしたカレンダーです。

3年前の11月11日は、
ポタンの主治医、マヘンドラン大王に初めて会った日で、 
ポチオ犬のアンヨが 「骨肉腫ではないか」 と、初めて言われた日でした。

それから2か月もせずに、あっという間にお空へ行ってしまったポチオ犬。
そして約半年後にやってきたポタン。



nov11-2



当時の私は、ポチオ犬が死んでしまったとどうしても思いたくなくて、
ポタンは絶対にポチオ犬の生まれ変わりだと、思おうとしたのですが。
やってきたその子は、

トンガリ頭で、
走り回るのが大好きで、
いつでもどこでも大興奮のポチオ犬とは全く正反対。



nov11-3



nov11-4



nov11-5



見た目も性格も、全然違う、ポタンでした。
生まれ変わりなんて、やっぱりないんだよね… と、
すがろうとしていた何かが、崩れたような気がしました。 その時は。


今は?
 
 今は全然違う風に思っています。



nov11-6



どうしようもなくハイテンションで、絶句するようなイタズラばかり。
しょっちゅうポチオ犬を叱っていた事を、後悔している私たちの為に、

叱るまでもないようなイタズラしかしない、ポタンが来て。




nov11-7



車が苦手で、どこにも遊びに連れて行ってあげられなかった。
楽しい思いをさせてあげられなかった事を、後悔している私たちの為に、

どこに行くのもヘッチャラな、ポタンが来て。




nov11-8



家の中で走り回ったばっかりに、アンヨをケガしてそれが癌にまでなった。
走り回るのを止めさせなかった事を、後悔している私たちの為に、

ポテポテ歩くばかりの、ポタンが来て。




ポッタンは、ポチオ犬の生まれ変わりではないけれど、
私たちが、ポチオ犬にしてあげたかった事を思う存分できるように、
もう悲しい思いも後悔もしないようにと、

ポチオ犬が、選んでくれた子なんだよね♪



nov11-9
              正反対のふたりでひとりの 「ポチオ♪」。



もう会えなくなってしまったポチオ犬。
今はそんな風に、可愛いこの子の存在を、感じています。



ポタンと巡り合わせてくれて、ありがとね♪
nov11バナー
クリックよろしくお願いします!
スポンサーサイト

| お空のポチオ犬 | 00:05 | comments:27 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

匂いの記憶

チチがポタン用にと置いて行ってくれたセーター。
あんなに気に入っていたのに…


j25-1



今では見向きもせず(涙)。


j25-2


大好きなおとうたんの匂い、忘れちゃったのポタン?





さてさて。

そんな薄情なポタンですが、先日、
押入れの奥から出したあるものの匂いに、ものすごく反応しました。
それは…


j25-3re



お空のポチオ犬が使っていた毛布やタオルのほとんどは、
洗濯したりクリーニングに出したりしてしまったんですが、
この毛布だけはそのままでした。


ポタンは興味深々に匂いを嗅ぎ続け、


j25-5



j25-6
この角度、ツボ。


ちょっと不思議顔。


j25-7



      **********


ポチオ犬がお空へ行ってしまった後、
ほんの少しの毛と爪を切って、抜け毛と一緒に
小さな容器に入れて残しておきました。

フタを開けると懐かしいポチオ犬の匂いが。


j25-8



人間の記憶というのは意外なもので、
ポチオ犬の何を今でも鮮明に覚えているかと言うと、
笑うと口がマクドナルドみたいになる顔でもなく、声でもなく、

撫でた時の手触り。そして匂い。

ポチオ犬に会いたくなっては何度も、その毛の入った容器のフタを開け、
匂いを嗅いでいました。


j25-12
この箱の中に。


なのに。
2年が過ぎた今、その匂いもだんだん薄れ、ほとんど無臭に。
こうしてポチオ犬の存在もどんどん薄れていってしまうんだろうか。
どうしようもない寂しさに襲われます。


でも。


j25-9



なに?ポタン。


j25-10



このフタを開けると、必ず尻尾を振るポタン。
ワンコのあなたは、今も確実にポチオ犬の匂いを感じてくれているよう。


j25-11



会ったことはないけど、大事なワンコだって、
分かってくれているのかなポタン。


いつまでも覚えててあげようね。
j25バナー
クリックよろしくお願いします!

| お空のポチオ犬 | 00:03 | comments:28 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポチオ犬マニュアル

いりますか
ヤターッ!薬箱に入ってたよぉ~♪


猛便器ょうの甲斐あって、お腹はほとんど治りました。
ただ、例のモノは…ウォシュレットがいいと聞き、コマメにやっているのですが、
なんせ。。



ウォシュレット
レバーさばきを間違うと、大惨事になりそうな水圧です。しかも冷水オンリー。


まだまだ時間がかかりそうです。
でもたくさんの方のカミングアウトに支えられ、頑張れる気がします(笑)。






さてさて。

PC内の古いデータを整理していたら、こんなものが出てきました。


マニュアル
ホントによく寝ます。


名づけて、「ポチオ犬マニュアル」。

お空のポチオ犬が生きていた頃、
近所にゴールデンを飼っている仲良しの日本人家族が居て、
一時帰国や旅行の時、ポチオ犬をよく預かってもらっていたのですが、


pochio&Luca
ポチオ犬、いくら何でもニヤケすぎ。


このマニュアルは、その友人にポチオ犬を初めて預けた時に渡した、
ポチオ犬の取り扱い説明書みたいなものでした。

クリ夫さんと揃っての、2週間の一時帰国。 しかもクリ夫さんが急に検査入院になったので結局3週間。
まだ1歳にもなってなかったし、離れるのも初めてだったから、心配で心配で…。

その結果このマニュアル、読み返すと、かなりこっぱずかしい内容なわけで。
例えば。


ねんね
ポタンと同じく一緒にねんねが大好き。


とか。


といれ
友人宅でシッコとウンタンを粗相した回数、数知れず。。


とか。ずうずうしい上に、細かい。。
しかも、


いたずら
留守番させると 「必ず」 イタズラしてました。


ちょっとウソついてるし(笑)。



こんなことが延々とちっちゃな字で書かれたデカイ紙を渡された友人、
ドン引きだっただろうな…。親バカというより、バカ?(笑)

が、私の心配をよそに、
大好きなルカとの日々を満喫したポチオ犬。
散々特訓してもできなかった外シッコまでできるようになって帰ってきました。


P&L
ルカは8歳くらいだったので、ポチオ犬とは動きもテンションも違うんだよね。




癌の転移が全身に進んで、もう長くないかもと思ったとき、
ちょっとでも元気になってくれればと、
友人に頼んでルカを預からせてもらったことがありました。

いつもならルカの後を追いかけ回してたポチオ犬、もうその元気はなく、
ただルカのそばでじっとしているだけでしたが、


L&P last
お空に行く1週間前。


ハウスも毛布も、暖かいものは全部ルカに譲って、冷たい床に寝ていたポチオ犬。
夜中私がフト目覚めて見ると、寝ているルカの顔をじーっと見ていたポチオ犬。

もうすぐ大好きなルカともお別れだって、気づいていたのかな。。


それから間もなく友人とルカは、日本へ帰ることに。
何だかポチオ犬との別れと共に、みんな終わってしまったような、寂しいお別れでした。



マニュアルが出てきてくれて、色々思い出して寂しかったけど、
ポチオ犬がどんなワンコだったか、細かく細かく、よーく思い出すことができたよ。
「ポタンマニュアル」 も作ってみようね。


マニュアル
危うく咥えて逃げられるところでした。


ポタンマニュアル、益々親バカ炸裂な予感。
バナー
クリックよろしくお願いします!

| お空のポチオ犬 | 00:03 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病気にまつわるつながってる、いろいろ

ポタンがケンネルコフで苦しんでいたのとちょうど同じ時期、
なんと日本に居るポタンの兄弟、さくらちゃんとまおらちゃんも、
ポタンよりは軽症だったものの、同じコンコンが出ていたと聞いてビックリ。

兄弟つながってるんだな♪ て。 
病気になって言うのも変だけど、何だかちょっと嬉しかったです。


それにしても…

シスターズ
私に元気が出るようにって、こんな写真を送って下さったベルマサさん、ありがとう♪


アフロになっててさらにビックリでしたが…(笑)。
 さくらちゃんのブレ具合とまおらちゃんのマッタリ具合が、2匹の性格をよく表わしてます。。





さてさて。

つながっていると言えば…
ポタンがちょっと具合悪いだけで、自分まで病気になりそうなくらい凹む私ですが、
やっぱりそれは、ついお空ポチオ犬の記憶とつなげてしまうから。


大王のクリニックの待合室はとても狭く、実質1匹しか入れないので、
基本的には診察まで外で待つことになります。

今回も、白い息を吐きながら待つポタンを見てたら…


待つポタン
咳する度に泣きそうな顔で駆け寄るので、悪い事してると思ってたみたい。ゴメンねポタン。


ちょうど同じ時期に病院通いしていたポチオ犬の姿とたぶって仕方ありませんでした。


待つポチオ犬
手術や抗癌剤で苦しい思いをしても、病院は大好きでした。


ケンネルコフの咳と、肺転移の咳なんて全く違うのに、おんなじに見えてしまう、
私の中でトラウマになってしまった、イヤ~でダメ~なつながりです。




でも、2匹のこんなつながりもあります。

すっかり具合は良くなったけど、週末の血液検査が終わるまでは念のため、
お外の散歩を控え中のポタン。
元気があり余っているのか、昨日のように大暴れです。

メガネ破壊後はおりこうさんで、夜は天使のように眠っていましたが。


はうすすぴ
顔や頭をむぎゅ~っと押し付けて寝るのが大好き。



目覚めたライオン、朝はこちらを破壊なさいました。


スプーン
白をきるポタン、結構往生際悪いです。


優等生で、怒る必要なんてほとんどなかったポタンなのに、
あれを壊され、これを壊され、昨日からてんやわんや。
まるでポチオ犬が元気だった頃のよう。

病気がもたらしてくれた、ちょっと嬉しいつながりです。


2ぽ
やっぱりポタン…顔でかっ。




まあイタズラのスケールは全然違うんですけどね…。


破壊王
ポタンと違ってとても素直に反省するポチオ犬。



鑑
その他ショックが大きすぎて写真すら撮れなかったイタズラ数々。



ポタン…… やっぱり地味。プッ



あ、でもポチオ兄ちゃんを見習わないでね。
バナー
クリックよろしくお願いします!

| お空のポチオ犬 | 00:03 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い出の赤い服

何だか知らない間にポタンの服が私のクロゼットを占領し始め…


クロゼット
クリコ服、少なっ。


いつの日か、立ち退きを命じられそうで怖いです。






さてさて。

そんな衣装持ちのポタンですが、
実は服を着るのはあまり好きではありません。

着せようとすると…


硬直
寝転んで脱力するので非常に着せにくい。。。


微妙に嫌がります。


でも、湿疹があちこちにできていたポタン、
服を着せるようになってから、露出している所以外はすっかり良くなったので、
今や裸で居ることは、すっかり少なくなりました。


はだかいや
なんて思っているかは知りませんが。





お空のポチオ犬は、本当に服が大好きで、
脱がせると、キュンキュン言って探し回り、
洗濯して干しておけば、物干しにジャンプして取ろうとし、


ポチオ犬
骨太ポタンと比べるとかなり華奢だったポチオ犬。


ある時なんて、
置いてある服に頭を通して、自分で着ようとしてました。
天才犬現れたかと思いました。(笑)


そんなわけでポタンに負けないくらい衣装持ちだったポチオ犬。
ポタンが小さい頃には、そんなポチオ犬の服を着せていたこともありました。


だぶだぶ
ポタン5ヶ月。体重は今の半分くらいでした。。



でもたった一枚だけ、
ポタンには着せられない服があります。



ぼくの?
着せやすく、機能的にも抜群のキルト。



ポチオ犬がアンヨを切ってからお空に行くまで、毎日着ていたキルトのカバーオールです。

骨肉腫は前脚に発生することが圧倒的に多いらしいのですが、
ポチオ犬は左の後脚でした。
後脚の切断は股関節の根元からになるので、
傷口も大きく、下腹部からごっそりなくなってしまった感じになります。



ポチオ犬




体が冷えないように、傷口がばい菌に触れないように、
そう思って着せていたカバーオールですが、
カモシカのように走り回っていたポチオ犬の変わり果てたアンヨを見るのが辛かった、
というのも正直な理由です。


この服には悲しい思い出がいっぱい。

でも。
今となると、ポチオ犬との最後の時間を一緒に過ごした特別な服。
いつまでもずっと、ポチオ犬のためだけに取ってあげておきたい、
クリ家とポチオ犬を結ぶ、大事な大事な赤い服なのでした・・・。



ママー
左脚の代わりに靴下をつけました。


連休なのに寂しい話でゴメンなさい。
バナー
クリックよろしくお願いします!

| お空のポチオ犬 | 00:05 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。