PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魂の行方

お空のポチオ犬は、デリーのJeevashramというところに眠っています。


ねんね
痩せはしましたが、安心して眠ったような顔でした。


ここは慈善団体(実際は金儲けに走りつつあるけど)が運営する場所で、クリニックやペットホテルのようなこともやっているほか、ノラ犬の保護なども行なっています。そしてデリーで数少ない(唯一?)の動物墓地でもあります。

ポチオ犬がお空に行ってしまったとき、私はできれば火葬にしたいと思いました。そうすればいつか私達がインドを去る日が来ても、ポチオ犬を一度も行くことのできなかった日本へ連れて行ってあげることができるから。

でもデリーに動物の火葬施設はなく。


仕方なく、このJeevaashramへ連れて行きました。
しかし、ひとつひとつ墓石があって…という墓地を想像していた私は案内された場所を見て言葉を失いました。

そこは崖のようになった荒地で、墓石なんてもちろんなく、正直ゴミ捨て場にしか見えない場所だったからです。

引き返そうかと思いましたが、他にどうすることもできないので思いとどまりました。

入り口近くにポチオ犬用の穴が掘ってありました。
浅い、浅い穴でした。

ポチオ犬がねんねしているマットもそのまま、服も着せたままで入れていいと言うので、そのままポチオ犬を穴に入れ、土をかけました。



後で、その墓地にまつわる嫌な噂(真実)を聞きました。
穴が浅すぎる、服もマットもそのままなんておかしいとは思っていましたが…やっぱり聞いたときはショックでした。




Jeevashramそのものは、のんびりした村のようなところにあり、大きな菩提樹があって穏やかな場所です。しょっちゅうここに来て、お花を置いてあげて、ポチオ犬のそばに居てあげよう、ポチオ犬を埋めるまではそう思っていました。

でも実際に現場を見て、実情を知ってしまってからは、


「ポチオ犬はここには居ないんだ」


そう思うことにしました。
可愛いポチオ犬が、こんなに大事にしたポチオ犬が、こんな場所に居ると思うのは、いやもしかしたら居さえしないのかと思うのは、あまりに辛かったからです。体だけ置いてきたんだと思うことにしました。以来いちども行っていません。



はーねす
1歳の頃。ひっぱりがすごかったのでイージーハーネスつけました。



そうしてこうしてポタンが我が家にやって来ました。
たった2歳でお空に行ってしまったポチオ犬は、普通の寿命を生きられなかった。この子にポチオ犬の分も生きてもらおうと思って、名前も同じにしました。


私が強くそう願っているからかもしれませんが、ポチオ犬の魂が時々ポタンの中に入っているような気がします。

ポチオ犬はボール遊びが大好きでした。
「ボール」
と言うと、クンクン言いながら家中ボールを探し、持ってきて、投げて投げてをしました。

ポタンはボール遊びを全くしません。だからこれまで「ボール」という言葉をポタンには聞かせたことがないのに、

「ポタン、ボール」

と言うと、探し回る素振りをするのです。


あぁきっとポチオ犬の魂はこの子の中に宿ってくれてるんだなと思いました。ポチオ犬にまた会えたような気がして、すごく嬉しい瞬間でした。


ポチオ犬とポタンは全然性格が違います。顔も違います。
でも、空の浴槽に飛び込んだり、氷が大好きだったり、ポチオ犬が懐いていた人にポタンも同じように懐いたりするのを見ると、何だかとても嬉しくなります。


まってる
「ぼく待ってるよ」



ポタン、ずっと元気で長生きしようね。
ポチオ犬、今度はずっと元気でママのそばに居るんだよ。


長くて暗くてゴメンナサイ。
ranking
1日1クリック宜しくお願いします。

| お空のポチオ犬 | 00:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お空のポチォ君、安らかなお顔ですね。
本当に眠っているよう。。
今はお空で、元気に遊んでいるかな。。

ミルクは我が家の2代目黄ラブです。
先代マリン(2003.8.18生です)は1歳の時に亡くなってしまいました。
頭がよくて活発で、いつも走り回っていたマリン。
ボ~っとしていて、ちょっと遊ぶとすぐ寝ちゃうミルク。
正反対な二人ですが、どちらも大切な大切な。。私の宝物です。

ず~~~~っと一緒にいたいなぁ。。。

| ぬつ | 2007/07/19 13:03 | URL | ≫ EDIT

なんて 安らかなお顔。。。
寝てるようですね。

わたしは ちゃおが始めてのワンコなので
まだ分かれの経験が無く
ちゃんと 頭では理解してるつもりなんですが
本当にお別れが来た時 どうなるのか…
いる事が当たり前の毎日、わかっていても
永遠に一緒に居られるような気持ちになってしまいます。

なずなの兄弟の飼い主さんも
「今まで飼った中で一番長生きしたワンコの名前を付けました。」
って方がいます。
名前って それぞれの思いがいっぱい詰まってますね^^
ポチオ君はきっと クリコさん、ポタン君を見守りながら
側にいるのでしょうね♪
たまに ポタン君の手を借りて イタズラなんかもしたりして~^^

リンクの件 ありがとうございます。嬉しいです^^
わたしもさせてくださいね~
ワンも飼い主もおばちゃんですけど よろしくぅ~♪

| ちゃなっち | 2007/07/19 15:21 | URL | ≫ EDIT

涙・・・涙・・・涙・・・


ポチオ犬のお顔 ホッとした様な「この体とオサラバするだけさ」とでも言っている様な・・・
なのに泣けてきますね。
それはきっとそこにある全部に愛情が溢れてるからかな。写真、お花、クリスマス用?の服、マット・・・全部に感じられて。
良かったねポチオ犬!
クリ家で生きてこんなに愛されて。

クリコさん その墓地にポチオ犬は居いひんし、ポタンの中にもクリコさんの中にもクリ家にも、想えばいつも居てくれるんだと思うなぁ。
千の風になって~♪じゃないけれどお墓には魂も思い出の一つもないし日常のそこいらに居るんだと思う。

虹の橋に国境が無いならモモと会ってるかなぁ。
最近我が家では「ポチオって・・・」「ポタンが・・・」って会話に出てくるから「おもろい名前。探してみっか」と逆ナンしてたりして。

| momama | 2007/07/19 15:49 | URL | ≫ EDIT

>ぬつさん

ほんとに、ずっと一緒にいたいな~!て思いますよね。ポタンのこともいつか看取らないといけないのかと思うと、既に憂鬱になってしまいますが、飼い主がちゃんと看取ってあげることはワンコにとってとても幸せなことなんだろうとも思います。

ミルクちゃん、マリンちゃんの分も長生きしようね。

| クリコ | 2007/07/20 10:26 | URL | ≫ EDIT

>ちゃなっちさん

ワンコの寿命がどうしてこんなに短いのか、いつも悔しく思います。特に大型犬は・・・。こんなに賢くて感情豊かなのに。

ポチオ犬には今でもいっつも会いたいと思いますが、どこかできっと見ててくれているんだろうなと思信じています。

| クリコ | 2007/07/20 10:28 | URL | ≫ EDIT

>momamaさん

ありがとう♪

私は霊感とか全然ないんだけど、ポチオ犬の命日前後に、「ポチオ犬?」ていう何かが見えた気がしました。遊びに来てくれるなら昔のまんまの姿を見せてくれたらいいのにななんて。やっぱり会いたい会いたいポチオ犬です。

| クリコ | 2007/07/20 10:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pochioindia.blog111.fc2.com/tb.php/17-8f96da0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。