PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インド列車をゆく!

先日の一時帰国にて。
実家で部屋を整理してたらこんなものが出てきたので、持って帰ってきました。


f2-10
兄貴、カバンがえらいラブリーですなぁ。


以前もちょっと書いたように、私がインドと出会ってしまったのは大学生の頃。
このノートには、その頃行った色々な国の記録が、事細かに書いてあるのですが、


f2-11
泊まった宿の間取りをなぜか書き続けてました…。コチラの本の影響。


f2-12
ほ、ほんとに細かい…。ていうか絵、ヘタ(涙)。


当時は貧乏旅行ブームだったこともあり、
 宿は1泊100ルピー (270円) 以内で!
 長距離移動はバスまたは2等寝台列車以外あり得ない!
という感じの旅でした。 てか何をそんなに頑張っていたんだ私?? 

今日は遠い昔の楽しかった日々を思い出しつつ…
インド貧乏旅行の代名詞のコレ。


st19title
今日は時間がなくて短めだけど、写真の中のポタン探しも頑張ってね♪


おじさんは特別休暇中。 マァッ♪
今日はチューチュー号でレッツゴー♪


**********


とてつもなく広い国、インド。
国内線の飛行機運賃がとても高いので、人々の足となるのはもっぱら列車です。
1晩かかろうと、2晩かかろうと、ゴトゴト列車に揺られ、
東から西へ、北から南へ、日々往来を続けます。

長距離夜行列車の中で一番安いのが、「sleeper」 と呼ばれるクラス。
3段式の寝台です。


昼間の様子。
f2-2
理論的には1ブース6人席なハズなんですが…無理やり10人着席♪


値段が安いだけに、
この車両にはクーラーも暖房もなく、真夏や真冬は本当に辛いです。
トイレも車両ごとに付いていますが、なんちゅうか…


f2-9
ウソです。見ない方がいいです。


のことが多いです(笑)。


寝台なだけに、こう見えても一応全部指定席です。
が、切符なしでとりあえず乗りこんじゃう人も多いようで、
混むシーズンはベッドがなくて、二人で一ベッドに寝ることになったり、
床に寝る羽目になってしまうことも。


f2-3
ポタンはやっぱり人の上で寝るのね。


寒いし暑いし汚いし、おまけに下手したらベッド横取りされるなんて。
sleeper クラス、やっぱりメリットは安いだけ??

でもね、それなりの楽しさもあるんですよ。
乗客の多くが、お金持ち過ぎないごく普通の家庭や田舎出身の人のせいか、
何だか温かい雰囲気が漂うのが sleeper のよさ。


f2-4
和気あいあい… というか人が多すぎます(涙)。


特に外国人だと色々話しかけてくれたり、
おせっかいなくらい親切だったり、
お菓子やフルーツを勧めてくれたり。

長くて辛い列車の旅に、ちょっと楽しい思い出を残してくれます。


それに。
インドの長距離列車、sleeper 以外窓が開きません。
しかも sleeper 以外は色ガラスなので、外がよく見えないんです。

大きな町を一歩出たら、こんなのどかな風景が広がっているのに、
それを見られないんて、ちょっと寂しいですよね。


f2-6




そもそも私がインドを好きになった一番の決め手は、
大きくて真っ赤な太陽と、赤茶けた土に、
なぜだか分からないけど心惹かれるものがあったらから。


f2-8



sleeper での列車の旅、もう久しくご無沙汰してますが、
ともすればインドに居る事を忘れてしまう、都会の生活をしている今、
赤い太陽の下での、そんな不便で大変な旅の景色が
何だか無性に恋しくなります。


ちょっとセンチメンタルにぷっぷくぷ~♪
f2バナー
クリックよろしくお願いします!

| サタデーポタン | 00:49 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

河童ノートのようですね

 こんばんは~。
金曜の夜にまったりとしながら拝見しています。
ポタンくんもまったりしてるのかしら?

 こちらのサイトをお気に入りに登録してから、
改めて妹尾河童さんの「河童がのぞいたインド」を
読み返しました。一昔前に出版された本ですが、
インドの魅力満載でした。
クリ子さんの旅日記も素敵ですね!
イラスト入りの旅日記って一生の宝物になりますねー。
いつかインドに行ってみたいわ~v-343

| りょこ | 2008/02/02 01:32 | URL | ≫ EDIT

若いころにそういう体験ができて本当にうらやましい&よかったね。私みたいに年をとってしまうと「トイレが水洗じゃないとどこへもいけない」つまらない中年になってしまいます。
昔宣教師が「インドとかの田舎に行くと財布落としても戻ってくる」と言っていました。そしてその友人やアジアの田舎で宣教師をしていた人の多くは国(スエーデンとかイギリスとか)に帰ってなんだかしばらくなじめなくて大変だったようです。そして結果的には日本に着たんですが日本も昔はこんな人情あふれる満員列車のような国だったようですよ。日本の戦後~60年代を体験したかったらインドの田舎へ行けばいいんだなあと思いました。
良い話をありがとう。ポタンはやっぱり人の上で寝るのね。

| uta | 2008/02/02 02:34 | URL | ≫ EDIT

こんにちわ。見たいけど・・・怖い・・・でも 見たいのポタンの顔に爆笑です。本当に表情豊かなんですね。
1写真中の人濃度の高さにびっくり。インドの方たちってねっとりじーーーーーーっとガン見されたり、お金に細かかったりしますが、人間味溢れてやさしいですよね。ディワリの時、近所のインド人のおばちゃんに食べきれないくらいの歯が溶けそうなお菓子やらパンやら大量にもらいました。(今も冷凍庫に 笑)
このサタデーポタンシリーズでいろんなインドの側面を見れてとっても楽しいです。

| keiks | 2008/02/02 03:31 | URL | ≫ EDIT

私も妹尾河童さんの本を思い出していました。
クリコさんも本出したら?「クリコが覗いたインド」♪
いけるかも~♪(河童さんの本もロングセラーだし~)
けど、クリコさんってほんと~にキチンとした方なんですねぇ。
私も昔、よく旅をしていましたが(北海道限定。笑)、
こんなにちゃんと旅ノートつけてなかったです。
今から思えば、つけときゃよかった。
クリコさんの旅ノート公開きぼ~ん♪(いくつだよ?)

| 田尾たんぼ | 2008/02/02 05:08 | URL | ≫ EDIT

懐かしいなぁ~

なつかしー。私もインド旅行した時に電車(っていうより汽車ですが)にお世話になりました。二人旅だったのですが、私たちも二席とれず、一つのスリーパーをシェアしました。周りの人が親切だったことが懐かしいです。
おトイレ、いやぁーん、ついでにそれまで思い出しましたよ…。丸一日以上の旅だったけど、見ただけで、玉砕…。人間一日ぐらいはおしっこ我慢できるもんなんですよね…。寒かったけどお茶も飲まず、念仏となえながら文庫本に集中し、アグラからカルカッタまで我慢しましたよ…。ほんと、あんときほど、男子に生まれてればって心の底から思いましたよー。

| cherryslice | 2008/02/02 08:00 | URL | ≫ EDIT

すごいすごい!
そのとき、その場所で自分の手で文字に残すってステキ!!
自分の字なんだけど、あれ、昔こんな字だっけ?とか
あぁ、こんなこと思ったっけなあとか。
写真とは違う思い出し方が出来ますもんね。
私も「クリコ旅本」出版希望~!5冊くらい買っちゃうよ♪

| りえっぺ | 2008/02/02 09:42 | URL | ≫ EDIT

初めまして。インドは行ってみたいけれど勇気のいるところです。でもいろんな本を読むと、行ってみたい土地ではありますね。しかもお金をかけないほうが色んな人と会えそうで。また楽しみにしています。

| カメワン | 2008/02/02 11:30 | URL | ≫ EDIT

バックパックですね!

うわあ、いいなあ、バックパッカー、憧れました!勢いあるうちに行っときゃよかった。。しかしすごそう。
素敵なノートですね!写真だけじゃなくて、こういうのが残ってると、いろんな思い出がぶわあっと甦っていいですね。
わたしは恥だらけなんでなくてもよく憶えてますが。
クラブ☆バスキア、開店しました。ご招待して、よろしいですか?
席料は、スマイルでお支払いください!

| hiyori | 2008/02/02 11:45 | URL | ≫ EDIT

EXILE?

CHOO CHOO TRAIN??

私も初めてのイギリス&ジャマイカはバックパッカーでしたが、流石に290円の宿はなかったなぁ(笑)
あ、ジャマイカは途中で現地で知り合ったひとの家に居候していたので、宿代タダでしたが…
皆さん書かれていますが、こういう旅日記って本当に素敵ですねw
私は日記が書けない性格なので、写真オンリーです。
でも景色とか人よりも、断然動物が多くて(苦笑)
どこに旅行に行っても、犬とかネコとか鳥とかリスとか…
自分が写っている写真、一枚もねぇよ!ってことが多々あります(爆笑)

てか、Sleeperの一枚目、昼間の写真…ポタンくんが探せない(号泣)

| かおり | 2008/02/02 12:27 | URL | ≫ EDIT

今回のネタは、「喜び犬インド列車よを行く」だね!ポタン、実際に乗ってないけど。(合成写真だよね?)
最後から2番目の写真、ちょっとむない・・・。

| ニャコハチ | 2008/02/02 13:48 | URL | ≫ EDIT

インドかぁ

行ってみたいなぁ。おばあちゃんが生きていた頃、お寺の旅行で一緒に行こうと何回も誘われたが、母が行かせてくれなかった(彼女はインドに行けば病気にかかると思い込んでいた節がある)おばあちゃんはインドが大好きでした。大人になった今では行きたい国のひとつです。バスの中での記念撮影も楽しそう。

| たかこ | 2008/02/02 14:17 | URL | ≫ EDIT

兄貴、ピンクのバッグさげてやっぱりシベリア行くんでしょi-198

その旅日記、一生の宝物ですよ!
私も何か残しておけばよかったなぁ・・・・
あちこち行った割には写真以外何もないです。それも数少ないし(涙)。
その列車のトイレ、目に浮かぶようです(うれしくない)。
クリコさん、若いとはいえ勇気ありますねぇ、その列車で旅するとは。
私は若いとき旅したのはヨーロッパだったので、あまり極端なことはありませんでした。

| mi-goro | 2008/02/02 14:20 | URL | ≫ EDIT

すぐそこが壁のトイレに横座りの絵や、”いつでも握手。なかなか離さない”にクスッとしたりと楽しめるノートだこと!笑
若かりし日の情熱と思い出がつまってるんだね~しみじみ。

ポッターン!三面鏡で遊んでる暇があったらママンがおセンチにならない様にイタズラでもして忙しくさせるんだよ~v-217

| momama | 2008/02/02 14:53 | URL | ≫ EDIT

クリコさんの旅日記、愉快な絵が盛りだくさんで楽しそうですねi-179ぜひ出版化してほしいものですi-185

先日はラルフの件でコメントありがとうございました!
その後、ちびラルフが来ることが決まりましたi-175
ポタン君を師匠と仰いで、ポタン君のようなおもしろラブちゃんに育ってほしいですi-179

| ayaka | 2008/02/02 16:27 | URL | ≫ EDIT

みつけたよぉ~
ポタンくんの「オッター・テイル」フフフ
毎週、我が家の行事と化している「ポタンくんを探せ!」
今週もありがとう~i-178


それにしても、クリコさんの絵日記すごい!
さっすがぁ~って感じですよ
写真や日記って大変だけど残しておくと楽しいですよね
大変なのは私だけ???ハハハ  無精者でスミマセン
インドの列車、怖いもの見たさでのってみたいかも!

| KAO | 2008/02/02 16:28 | URL | ≫ EDIT

クリコさん~~、旅日記、すごいですーー!
なんて几帳面なのでしょう。アタシは見入ちゃいましたよ~。
絵も上手いです!!!
若い頃にこんな旅ができるなんて~クリコさんのすごさを感じましたよ~♪それにしても、インドの方々、みんなしてガン見ですねー。
ちょっと緊張するなー。
シベリアの方はどうなんでしょうかね?あれ?ポタン君シベリアじゃなかった?シベリア超特急でシミズハルオさんにスカウトされ、銀幕のスター超特急か?!

| みっちゃん | 2008/02/02 18:20 | URL | ≫ EDIT

やっぱり尻尾?

いや~、憧れましたよ、バックパッカー&深夜特急な旅に。

でも中国の内モンゴル地区を行くパックツアーでそれなりな体験をして、更なるインド旅行は無理かなと思ってしまった次第です。
人工物のない悠久なる大地には負けちゃいますね。

| 687s | 2008/02/02 18:30 | URL | ≫ EDIT

旅エッセイ大好きなんですよ

1枚目、難しかったです~!
KAOさんのコメントで初めて分りました(^^;)
中国の長距離列車もこんな感じですね。
列車内トイレ事情も…。
朝になったら手洗いの水も出なくなってたしさ。

泊まったホテルも
「今日はトイレの水が流れるか占い」とか
「シャワーからお湯が出るか占い」ができましたよ(^^)
それなりに楽しかったなぁ。

| ぱんだんて | 2008/02/02 19:32 | URL | ≫ EDIT

やられたぁ~!

KAOさんのコメントで わかったなり!!
そうきたかぁ~~(笑)!

クリコさんの旅日記 ホントおもしろい♪
インド旅日記+インド暮らしって本を出版したら
きっと 売れるよぉ~!

しかし几帳面なクリコさん 偉いなぁ。
私も 一応旅日記つけるんだけれど
最初の1週間が限度。そのあとどうでも良くなっちゃうのだ!
尊敬しちゃう!
 

| 雪 | 2008/02/02 19:41 | URL | ≫ EDIT

一枚目は...

しっぽだけ垂れ下がってますよ、かおりさん♪
私も最初は分からんかったぁw


それにしてもクリコさんはとっても几帳面で羨ましい!!
私は途中で挫折しちゃうタイプ(泣)
インドって知られてるようで全然知らないからコアな旅の本があると楽しいよねw
そこで生活している人が書くものってまた視点が違うし!

このブログで紹介してたら近い将来書籍化...とかならないかしら??w

| ゆるさく | 2008/02/02 20:22 | URL | ≫ EDIT

おおおぉ~懐かし・

私も日記つけてた・・だって、一人じゃヒマなんだもん
今日使ったお金とかも・・でも最初だけね・・(笑)
私も河童さんの本持ってるよ♪
くぅぅ「sleeper」だぁ。ルンギ(布)を敷いたり、巻いたりしてました。
必ず家族で乗ってる人たちがいて、食事時に分けてくれるのよ・・みんな優しい人たち。。
「鞄にチェーンをかけて鍵をつけなさい、でないと盗られるよ~」とインドの人によく注意された(笑)
やっぱり、また行ってみたいな~ りゅりゅ~♪

| じゅじ | 2008/02/02 20:57 | URL | ≫ EDIT

旅日記っていいですよね~。
私も独身時代京都によく一人旅に行きました。日記には私はもっぱら食べた物を絵に描いていました。なぜか写真じゃなくて絵でしたね。
あとはお寺の拝観料がいくらとか、電車代とかお金系のことばかり。やっぱり貧乏旅行でした。なつかすぃ~

| りんぽんママ | 2008/02/02 21:43 | URL | ≫ EDIT

こちらを拝見する様になって・・・気になる国NO1インドになりました。。。妹尾河童さんの本も読んでみたくなりました。でも私もutaさん同様「トイレが水洗じゃないとどこへもいけない」1人です。もともと怖がりでトイレが近い(その上よくお腹をこわす)のでトイレが不安な所プラス危険な所(自分のイメージで)には行けなくて今迄に行った海外はグアムとハワイくらいです・・・まあこれだけ注文が多いと行ける所もありませんが・・・涙 でもインド行ってみたいなあ~~先週テレビでインドでアーユルベーダー&ヨガっていうのを見てインドでアーユルベーダーフルコース・・・めちゃめちゃ興味津々です。

そして・・・今度はクリ夫さんのインドを愛するまで・・・を見てみたいですv-22

| ぶりぶり | 2008/02/02 23:44 | URL | ≫ EDIT

河童さんのエッセイ、インドに留学してた友人に貸してもらったんだけれど、読まなかった・・・後悔・・・。
旅に出ると、ボーッとしてしまって、今では主人まかせなので、くつろいでます。乗り継ぎ乗り継ぎ、安宿に泊まる旅、出来るかな?もう、おばさんなの!

| mimi | 2008/02/03 00:49 | URL | ≫ EDIT

夜DVDを見始めたらお返事書き損ねてしまいました。遅くなってゴメンナサイ~。

v-22りょこさん
そうなんです。間取りを書き留めるのは河童さんの本の影響だったと思います。もちろんあんなに緻密で素晴らしい絵は私には到底書けないけど(涙)。でも3か月半くらいの旅の中で、何十軒もの宿に泊まったので、いい思い出です。
インド、貧乏旅行の方がインドの醍醐味を味わえるけど、それで好きになる人と大っ嫌いになっちゃう人、見事に分かれる国です♪

v-22utaさん
ヘタするとトイレ入らずに野でする方がずっといい場合もあったりするのよ(笑)。
インドの人にはビジネスや利害が係ると、あっさり裏切られたりすることもあったりしてかなりショックを受けたことも多々ですが、基本的におせっかいで親切。昔の村の暮らしの名残なのかなぁ。

v-22keiksさん
写真の時はちょうど大きな祭り(ホーリー)前で、田舎に帰る人でごった返してました。でも基本的に慢性的に混んでますインドの列車。
トロントはインド人多そうですよね。ディワリのお菓子、本当に甘いですよね(笑)。それを箱いっぱいにもらっちゃったりするから鼻血出そうです♪

v-22田尾たんぼさん
間取りを描いたのは河童さんの本の影響だったと思うので、リンクしておきました♪あんなに緻密&芸術的にはとても描けないけど(涙)。
いい加減な所では本当にいい加減なんですが、基本的に細かいことをニヤニヤしながらやるの好きです(笑)。

v-22cherrysliceさん
cherrysliceさんもインド貧乏旅行仲間でしたよね♪スリーパー、ひとりで寝るのもきゅうきゅうだから、2人はホントきついですよね(笑)。列車とかバスのトイレ、ほんと辛いですよね。私も最初来た時はピーピーだったので泣きました。バス止めてもらって草むらでウンタンしたり(笑)。

v-22りえっぺさん
今はデジカメやブログとかで何でも残せるけど、やっぱり手書もいいな♪て。でもなんせほぼ10年前なので、書いてある事とかはかなりこっぱずかしい内容です(笑)。昔の旅行の写真は、やっぱり宝物です♪

v-22カメワンさん
一度行って好きになる人と嫌いになる人、分かれるみたいです。私も最初は疲れ果てたんですが、日本に戻ってからやっぱりイイような、懐かしいような気がして来て…現在に至ります(笑)。気候のいい時に、ぜひいちどいらしてください♪

v-22hiyoriさん
手書きの文字&絵と、現像された写真がある旅、やっぱりいいなぁとしみじみ思いました。若いころに書いたものなので、こっぱずかしい内容も多いですが(笑)。
クラブ☆バスキア、お邪魔しました~♪マハラジャクラブポチコと違ってぼッたくらない所が素晴らしいです(笑)。

v-22かおりさん
おおお、チューチューと言えば…「機関車チューチュー(絵本)」か、「チューチュートレイン(ZOO)」が思い浮かんでしまう…(古すぎ?)。
アジアは物価が安いので楽でした。ヨーロッパではいつもユースに泊まってたけど、ドミトリーでも結構高いですよね~。ジャマイカはどんなんなんだ~!ブログに写真載せて~♪

v-22ニャコハチちゃん
もちろん写真は合成ハメコミ写真よ。ポタンがもし列車に乗るとすると、貨物室に入れられちゃうの(涙)。一緒に列車の旅ができたらいいんだけどね~。

v-22たかこさん
寺院とか遺跡に興味のある方は、インド、本当に気に入っていただけるようです。おばあ様もインドに何度も来て下さったんですね。激しいゴチャゴチャさ、静かな歴史の重み、それぞれの目的や好みで色々な面を楽しめるかも♪

v-22mi-goroさん
斜めがけがシベリアへの旅立ちっぽいですよね(笑)。
実は旅日記とは別に、「山日記」て言うのも出てきて、登山(国内)の記録や国内旅行の日記が書いてあります。八重山に行った時のこと(96年3月。2週間ちょいで石垣・竹富・黒島・西表&座間味めぐり)も書いてあって、懐かしく読んでました。親切な人達と素晴らしい海、美味しいゴハン三昧のステキな旅でした。mi-goroさんはもうその頃は島にいらしたのかな?

v-22momamaたん
初めてインドに来た時の印象とか、色々書いてあって、なんか懐かしかった。もういちどあんな生活がしたいなぁ~♪
ワンコ連れの白人パッカーにも会ったことあるんよ~。いつの日かポタンを連れて旅立つか!?

v-22ayakaさん
絵は…まだマシなのを載せてみましたが、基本的にひどいです(笑)。
ちびラルフ君!ヨカッタですね。そして「我が家の2代目」て大事に思ってもらっているお空のラルフちゃんも幸せな子です♪私は男の子しか飼ったことないですが、可愛いですよ~♪ヤンチャで手こずるかも!?ですが(笑)。

v-22KAOさん
おぉっ。よくぞ見つけて下さいました。あまりの人口密度の高さに、ポタンを入れる場所が見つからず、あのような形に。実際ポタンが乗ってても、あんな風にわれ関せずで寝てそうでしょ(笑)。
列車には久しく乗ってないんですが、インド臭さを味わうにはこれに限ります。駅もすごいんですよホント(駅や空港の写真撮影は禁止されてるので全然ないけど)。

v-22みっちゃんさん
基本的に長期旅行だと、同じ場所に何日も居たりして、ヒマなんですよね(笑)。なのでこんなものができあがってしまいました。こんな旅、今もしたいけど、やっぱり一人身じゃないとできない(涙)。
銀幕のスター超特急!かっちょいいわぁ。シミズハルオさんてどなたですか??

v-22687sさん
えへ。そうですブランと垂れてる尻尾♪
モンゴルと言えば、やっぱりおうまさん&パオ(だったっけ??違うかも)泊ですか?モンゴルやチベットはすごく行ってみたかったんですが、行き損ねました。。
美しい街並みも素敵だけど、自然のままの大地の姿がやっぱり私は惹かれるなぁ。

v-22ぱんだんてさん
中国のトイレも激しそうですよね(笑)。世界のトイレネタ大好きで「東方見便録」(だったかな?)て本がすごく好きでした。
旅の最中は「勘弁してよ~」てことも、時間がちょっと経つと、ほんと楽しい思い出になりますよね♪

v-22雪さん
我関せずで上で寝てて、いかにもポタンぽいでしょ(笑)。
旅日記は几帳面ていうより、ヒマだったんですよ。同じ所に何日もいることが多かったので、そのうちやる事も出かける所もなくなっちゃって、ひたすら本読んだりモノ書いたりしてて。

v-22ゆるさくさん
インドに住んじゃうと、昔やってたみたいな貧乏旅行って、インド人から見てもあり得ないみたいで(日本人は外国に来るほどお金持ってるのにどうして汚いカッコで安いとこ泊まるの??て不思議がられる)、何だかヘンな気分です。
でもやっぱり日本に住んでいると無いものねだりって感じで新鮮でステキに見えちゃうんですよね~♪

v-22じゅじさん
そうそう。ほんとひとりですることないから日記をひたすら書く…みたいな。
列車の中で食べ物貰ったら危ない(睡眠薬強盗)とも言われるけど、大体の場合は普通の親切な人だもんね。じゅじさんまたあるじさんと旅に出よう~!!

v-22りんぽんママさん
京都の美味しい食べ物の絵、想像するだけでステキですね~♪インドの絵は「あじゃー」とか「うわー」みたいなのばっかりになっちゃったから(笑)。
私も1日いくら使ったかとか事細かに書いてましたよ~。散々節約して、帰る前日だけすごくいい所に泊まって美味しいもの食べるのが私のひそかな楽しみでした♪

v-22ぶりぶりさん
インドは基本的にトイレの後、紙で拭かない文化なので、水があちこちにこぼれちゃうんです(小さなカップでお尻を洗う)。で、大惨事になることが多い(笑)。
でもね、普通に綺麗な所を回れば、トイレも水洗だし、全然問題ないですよ~。来て来て~!

v-22mimiさん
河童さんの本、面白いですよ。絵がやっぱり素晴らしい。
私も今は安宿無計画の旅、できるかなぁってちょっと心配。仮にひとりで旅に出たら、「居場所もわからんてなんやー」てクリ夫さんに怒られそうです(笑)。

| クリコ | 2008/02/03 13:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pochioindia.blog111.fc2.com/tb.php/218-34a83589

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。