PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノラ犬パピーをゆく!

nov22-1
水遊びは苦手だが、温泉は大得意の犬。



nov22-2



お? 何だか外からミーミー声がするね。
マンションの敷地内の芝生広場からです。一体何かしら??
   ・
   ・
   ・
と思って見に行ってみたら。

大きな穴が掘ってあって、本日のサタデーポタンの主役、
ノラ犬パピーさん達がスヤスヤ眠ってました♪



nov22-3



ワンコまみれで、レッツゴー♪



 * * * * * * * * * *



本日の主役、「ノラ犬」 さんとはすなわち、野生の犬。
都会の雑踏の中、道端に落ちているゴミ、ネズミや鳥の死骸を食べ、
時には人間からゴハンをもらい、逞しく生きる犬達です。



nov22-4
道路の真ん中でも、平気で腹天になって寝てます (笑)。



マンションの中に突如現れたこのパピー達も、そんなノラさんの子。

この敷地内の広場、本当は飼い犬ですら入ることが禁止なんですが、
生まれたてのパピー達を追い出すことなんて、とても誰にもできず、
しばしの間、置いてあげることになったのでした。



nov22-5
母犬も特別に子育て中はここに住み、ゴハンをもらってます。



こうした光景、実はよく見られることで。
インドの人は人間でも動物でも、とにかく赤ちゃんや子供を大切にしますので、
普通の空き地なんかで生まれた子達でも、毛布やミルクをもらったりして、
母犬と人間に守られながら、成長することが多いです。

うちのマンションのパピー達も、すくすく成長しており。
今ではすっかり子ども達のアイドルです。



nov22-6



と、思ったら…
パピー達のいた穴のすぐ横に、また別の穴が掘られ…



nov22-7
…なわけないよね。



別のパピー軍団登場!?
最初のパピー達の母犬の姉妹犬の子です。
そんなわけで只今、総勢15匹近くと、えらい騒ぎになっています。



nov22-8



この子達の行く末はどうなるかって?

たぶん…

少し大きくなったら、お外に出されてしまうんだと思うんです。
ひょっとすると、何匹かは誰かに引き取られるのかもしれませんが、
インドのノラさんを家庭犬として育てるのは、なかなか難しい事。

そして、厳しいお外の暮らしの中で、
成犬になるまで生き残れるのは、恐らく2・3匹。



nov22-9
ポタンと一緒には、遊べないんだよ…。



里親募集や予防接種、去勢避妊手術… 
できる事はたくさんあるんだとは思います。
ワンコ保護の観点から見ると、とっても遅れているのかもしれません。
だからインドは、未だに世界一の狂犬病発生国なのかもしれません。

でもこれが、イヌやウシやブタ、
たくさんのノラ動物と共生してきたインドの人達のやり方なのかとも、思うのです。

そして。



nov22-10



自力で生き残れる数は少なくとも、
このノラさん達が、故意に殺されたり、
飼い犬達が、「もういらないから」 と殺される事がないのが、
大きな救いかと、思うのです。



同じワンコだけど、ポタンは家庭犬として生まれた子。
ノラさん達と違って、生きて行くことの苛酷さは全く知らないけど。



nov22-11



この先も、辛い思いも悲しい思いも、できるだけせずに暮らし、
いつかお空に行く日まで、ずーっと飼い主の傍に居る。

それがポタンの生きる道。 
そして、そうしてあげる事が、飼い主としての生きる道。



nov22-12




楽しい週末を。ぷっぷくぷ~♪
SPバナー
クリックよろしくお願いします!

| サタデーポタン | 00:05 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

生きる道

それぞれに、生まれた時から、運命と言うか、生きる道があるんだろうな。今の日本でも、子供が難病などで亡くなったり、事故で、亡くなったり、・・・。幸せと不幸の大きさは同じ、なんていうけれど、私は、幸せ!!と感じる量も、命の長さに関係なく、同じだと信じたいです。
野良の子も、5年生きるか、10年生きるか、半年か、分からないけれど、「生まれてきて良かった」と思って欲しいですね!!時々、人間の優しさにも触れながら。
あまりにも、規模が大きいと何も出来ないのが現状。
だとしたら、せめて自分の生きる道ではルールや、常識を守り、きちんと生きたいですね。
「その生き物の自由を奪う変わりに、その生き物の生活と、健康、幸せを守らなくてはいけない」そう親から教えを受け、自らも子供に教え、愛犬が天国に行く日は学校を休ませ、一緒に見送った・・・・そんな人がいました。

にしても、ポタンの「はっ」とした顔は可愛いねぇ!!

| fivedrops | 2008/11/22 00:24 | URL | ≫ EDIT

生存率は高く無いけど・・・インドの方がよっぽど自然の摂理に従ってるような。日本みたいに無理やり作って(生んでいるというよりは作られているって感じ)おもちゃの様に買われて捨てられる。そっちの方が酷いとおもいます。いろいろ意見はあると思いますが、個人的にはインドの方が納得出来ます。だって人間の勝手な理由で処分(腹立つけどこういう表現するんですよね。殺してるのに)されることも無いから。。。重くなっちゃってゴメンナサイ。

素っ裸なぽたん。うふ!新鮮。すらっと伸びたアンヨはクリコママ似ね♪

| ぶりぶり | 2008/11/22 00:26 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/11/22 00:40 | | ≫ EDIT

そうですね。。

クリコさん、、、なんだかしんみり考えちゃいましたぁ。パピーちゃんたち、とーっても可愛いけれど、過酷な人生を生きるのですね。。あんなにもろそうなのに。。2-3匹しか残れないなんて、、、、。読み進み、「ほら~、ハルは幸せでしょう?ありがたく思いなさい!」なんて偉そうに思っちゃいましたが、クリコさんの文章を読んで心改めました。。そうですね、とにかく一匹のワンコでも幸せにこの世界を楽しむことが出来るようにするのが私たちの役目!ハルも以前はどこにいたのかもわかりません。。シェルターのコンクリートで縮まっていたハルを思うと、今でも涙が出てきます。その思いを忘れないように、ハル吉を大事に大事にそだてまーす!ポタンちゃんも優しいママと面白いパパのもとにきて、良かったネェ。今日も幸せ笑顔をありがとう!ハルママより

| ハルママ | 2008/11/22 02:37 | URL | ≫ EDIT

インドって・・・

なんだか、昔の日本の下町みたいな雰囲気なのかなあ?と思ってしまいました。
お金は無くても情が深い・・って感じ。
野良犬が多くて狂犬病発生が多い ってとこを読んだ時には 困りましたね と思いましたが

自力で生き残れる数は少なくとも、
このノラさん達が、故意に殺されたり、
飼い犬達が、「もういらないから」 と殺される事がない

↑この部分を読んで 救われた気持ちになりました。
これが基本の基本ですよね。
生き残れる子達は少なくとも生き残った子達は、残念にも命を落としてしまった子の分までも強く生きてくれることでしょう。
ポタン君 お風呂でご機嫌さんだね~
うらやましい。バスタブがあって・・・
デンマークはバスタブのある家が少ないんですよ~
(我が家もないんですぅ~。冬は誠につらい・・・)

| ママりん | 2008/11/22 06:25 | URL | ≫ EDIT

パピーちゃん、元気に育ってくれるといいですね。

旅行に行くと、動物たちに目が行きます。
日本と比べると「???」と思うことはあっても、
それがそれがその国の文化なのですよね。
自分のスケールに当てはめて見てしまうのはいけないなぁ・・・って
いつも思うのです。

犬ってね、生まれたときに使命をもってこの世にうまれてくるんですって。
(アニマルコミュニケーターが言っていました)
だから生き残る子もそうでない子もきちんとその役目を果たしているんですよ。

ポッタンのお役目はなんだろう・・・^^

| あどっ! | 2008/11/22 08:06 | URL | ≫ EDIT

ネパールより

久し振りのコメントです。
18日からカトマンズに来ています。
ホテルなのに、停電。やっぱりネパールです。
朝夕は冷えていますが日中は暑いくらいです。

カトマンズにも犬が沢山います。飼われているのか野良犬か。
多分、野良犬でしょうね。朝は犬の鳴き声で目が覚めるくらいです。
一昨日、初めてリードを付けた犬を見ました。でも、在住外国人でした。インドも同じ状態ですね。町中には牛と山羊と犬がいっぱいです。11回目のネパールですが、停電とゼネストとで思うように動きが取れません。
しかし、ビスターリで頑張ります。インドもビスターリというのでしょうか。

| さこ | 2008/11/22 09:31 | URL | ≫ EDIT

いつも毎朝みさせてもらってますw

ポタンクンのファンになっちゃいました★
クリオさんがでてきたりした時はくぎずけになってみてます!!w

インドではあれが普通なんですね・・
最初に画像だけをみたら
こんなんじゃダメじゃないのか!?

とか思ったりしたけど
でも本当にクリコさんのいうとおり

わんこだけじゃなくて、
日本のほうが何もうらみもないのに
人を殺してしまったりだとかするほうが
よっぽど恐ろしいですよね

15匹ですがミーミーいってると思うと
かわいいなあ★

| マナミ | 2008/11/22 09:32 | URL | ≫ EDIT

日本は犬猫の大量虐殺場

ボタンちゃんやブログのお友達のわんこ達は
本当に幸せ。クリコさんが、「インドではこのノラさん達が、
故意に殺されたり、飼い犬達が、もういらないからと
殺される事がないのが、大きな救い」と言うのにほっとしました。
日本だともうすでにセンターに持っていかれて、
1週間でガス室でしょう。こんなかわいい姿を見れることもない・・・
日本は犬猫の大量虐殺場。毎日殺される犬や猫の数は恐ろしいほどです。
早くこちらのように法律で動物の虐殺が保護されてほしいです。

| たかこ | 2008/11/22 11:28 | URL | ≫ EDIT

お胸が熱くなりました。インド、野良犬ではなく本来の野生の犬を感じました。
生きる道はそれぞれですが、それぞれが、それぞれらしく、幸せに暮らしていける事が一番だと思いました。

日本の悲惨なワンコ、ネコちゃんの現実にも目をそらさないでいたいです。しみじみと優を見つめてしまいました‥

| 優ママ | 2008/11/22 11:59 | URL | ≫ EDIT

生きる道かぁ・・・

ノラちゃんはノラちゃんで社会が成り立ってるんやもんね。
人間も家庭犬もノラちゃんも、生きる子そうでない子、強い子弱い子
意地悪な子優しい子が居て、幸せもそれぞれちゃうもんね。
家庭犬でも鎖に繋がれ散歩も水もなしみたいなのなら
ノラちゃんの方が幸せに思えたりするもんね。
みんな与えられた命を粗末にせんと生きんとあかんね。

・・・なーんて考えさせられてたのに母犬の姿にプッ。
おちり浮いてる?ウンポーズじゃないよね?

| momama | 2008/11/22 12:38 | URL | ≫ EDIT

とってもきれいな母犬ですね。
それにしても生き物として優しいインドの人達に感動です。弱いうちは守って、強くなったら、あとは自分でがんばれ!
正しい生き物の道だと思います。
http://www.shomei.tv/project-345.html
よかったら一度こちらをご覧ください。日本で生きるチャンスを与えられることなく、勝手な飼い主に殺されちゃう生き物を少しでも助ける一端となれば、という試みです。
広く皆さんに知っていただきたいので、紹介・リンク大歓迎中なんです。

| mi-goro | 2008/11/22 13:42 | URL | ≫ EDIT

ノラパピーのおかあちゃん、美人ですね♪
悲しい現状ですが、このノラちゃんたちはちゃんとノラのルールを守って暮らしているんですね。
家庭犬として育てるのはむずかしいんですね、インドのノラちゃんたちはスゴイ。
日本には家庭犬に育てるのに苦労しない子がいっぱいいるのに、なんで保健所にいる犬猫たちの数が減らないんでしょうか?
そこが不思議で不思議でたまりません。
きっと人間のエゴでそんなことになったのでしょう。
保健所に犬をつれてきてる女の人を見かけたことがあります。
私は「その犬は保健所につれていくんですよね?命ですよね?あなたは人間ですよね?」って聞きました。そしたら
「なんで?」
次の言葉が出てきませんでした。
頭の中が何も考えられなくなってました。
次の言葉でもしかしたら命が助かったのかもしれないのに。。
行動を起こさなかった自分がにくいです。
長文しつれいしました。

| 梨保 | 2008/11/22 15:32 | URL | ≫ EDIT

ふむふむ・・。

なるほど。と いろんな思いで読みました。

クリコさん。インドでは 車との事故はないんですか?
 このインドの状況を日本に置き換えると、まず 車にはねられて 死んでしまうなぁと思ったので・・。

| ちゃんまー | 2008/11/22 17:18 | URL | ≫ EDIT

お国事情の違いでしょうが、こうも動物とのかかわり方が日本と違うと「ハッ!」と気づかされることが多いです。日本では今でこそ【犬=ペット】と考えられていますが、2、30年前まではそこらじゅうにノラちゃんがいたわけですし。そもそもは野生動物でしょうし・・・。
私が子供の頃は殺処分されるワンも今よりは少なかったのでしょうね。でもその分『捨て犬』は結構いたのかも・・。当時飼っていた犬は家の近くに捨てられていたコでした。
でもノラちゃんが多いと、伝染病など心配な事も多いのも事実ですよね・・。
今日の記事で、ヒトはヒトとして最低限、動物(の命)に対して真面目に向き合っていかなければならないと、再認識しました。

| マッシュ母 | 2008/11/22 18:37 | URL | ≫ EDIT

そうそう、野良犬君たちがシアワセであることを願うと同時にクリコさんにはポタン君、私はルルとスパーキーという与えられたわんことしあわせになることが使命なのだ!とおもいます。

| uta | 2008/11/23 01:18 | URL | ≫ EDIT

いろんな国を訪れると環境も文化も宗教も違うので
自分の物差しで見てはいけないなと思っています。
感情があるので「かわいそ~」「いいな~」「なんて理不尽な」とかいろいろ思っちゃうけど
反対に見られると「そっちの方がかわいそ~」「うっそ~」とか思われているかも
日本でさえ時代が変われば常識も変化しちゃうし・・
インドではもともとペットという意識はないんじゃないのかちら?
今は裕福な人たちが多くなって動物を家族として受け入れているけど
大半は自身だけでもが生きるのに大変だと思うから・・
きっとそれぞれに最良の道をがんばって生きているんだと思いますよ。
もちろんインドのノラちゃんも♪
インド人たちは生きるものすべてを大切にしてるもんね。
ポタンはポタンの幸せ♪
それはそうとノラちゃんのお母さんさ~
賭場でサイコロ振ってる姉さんみたいな器量よしだね(^u^)妄想しちゃった。

| じゅじ | 2008/11/23 14:33 | URL | ≫ EDIT

お返事遅くなってすみません~!
何となく血は足りな目な感じですが、すっかり元気ですぅ♪

v-22fivedropsさん
インドのノラさんを見ていると、この子達を捕まえて去勢避妊手術をしたり…というのもどうなんだろう?て思います。野生として普通に生きている動物を人間流に変えてしまうということだし。ノラさんがノラさんのまま、自由に生きていけるような環境がこれからも続くといいな。。

v-22ぶりぶりさん
以前地方の村で、ノラが人間の赤ちゃんを噛み殺して、怒って暴徒化した村人に迫られ警察が1日で何十匹ものノラ犬を殺した事がありました。インドでもそう言う事はあるんですが、でも基本は犬は犬で暮らしていなさい~♪て感じ。それがやっぱり本来の姿だよね♪

v-22鍵コメさん
またあとでゆっくりコメorメールするね。

v-22ハルママさん
インドのノラは本当に野生なので、群れから離して人間の下で暮らすのが、この子たちには幸せなのかどうか。例え短い犬生でも、その子なりにちゃんと生きられる事の方が幸せかなと思ったりします。ハル君はママとパパの傍でずーっとニコニコ暮らすのが、いちばんの幸せだよね♪

v-22ママりんさん
基本的に殺生を好まないので、インド人の前で蚊をパチーンて叩いて殺すのさえ、はばかられます(もちろん蚊取りマットとかみんな使ってるけど)。バスタブあるけどね、お湯がちょっとしか出ないの(笑)。昨日は水深20センチくらいに寝そべってムリムリ入ったので、余計風邪ひきそうに(笑)。

v-22あどっ!さん
インドのノラさんは保護=幸せ…とは限らないなぁって少なくとも思います。群れをなして自由気ままにノラさんが生きられるような環境がこれからもこの国にあってほしいなと願います。ポタンのお役目は…ポチオ犬が味わった痛みや苦しみを経験せず、ポチオ犬の分も長生きしてくれることかな♪

v-22さこさん
インドとネパールはとっても似ている気がします。ノラ犬が問題だとずっと言われてはいますが、だからどうしようという動きも特になく。このままノラさんと共存していければいいなと思います。ビスターリ?どういう意味かな?ヒンディ語ではその言葉ないかも~(あ、ヒンディあまりできないのであてにならないけど。笑)。

v-22マナミさん
ノラさんはノラさんのまま、こうして人間と共存できたら一番いいのになぁと思います。彼らを見てると人に飼われたり手術して子どもを産めなくしたりというのも人間の勝手だよなという気も。ミーミー族、元気に大きくなりつつありますよ~♪

v-22たかこさん
インドのノラさんは普通にしてれば人を襲う事もないし、むしろ人からゴハンをもらっているので好意的です。確かに彼らのお陰でポタンは自由にお散歩できないし、病気の危険もいっぱいあるけど、こんな風に彼らがムリやり殺されず、共存できる状態が続けばいいなとも思います。

v-22優ママさん
犬と言うと日本では人の元にいる動物…という感じになってしまいましたが、ここでは本当に野生なので、できればこのままそっとしてあげたいなぁなんて思ってしまいます。ポタンのお散歩はほんと大変だけど(笑)。

v-22momamaたん
ノラさんを見てると、あぁまた1匹居なくなったような…みたいな。自然は厳しいけど、たくさん生まれてくるからそうして淘汰されていかないとそれこをエライ事になるんだなという気もするよ。母犬、私の所に寄ってこようとする瞬間よぉ(笑)。

v-22mi-goroさん
インドももっと都市化が進み、衛生状態への関心が高まると、今のようにいかなくなるのかもしれないけど、無理に殺されるような事はないでいてほしいです。署名の記事、読ませていただきました。紹介させていただきますね~!

v-22梨保さん
群れをなして自由に暮らしているノラさんを見ると、果たして人間に飼われる事は幸せなのか?と思ってしまいます。こうして彼らが生きていける環境はなくならないでいてほしいな。保健所の女性、梨保さんの言葉に何かを感じてくれていたらいいな…。

v-22ちゃんまーさん
ノラさんの死因の一番はやっぱり交通事故じゃないかと思います。悲しいかな轢かれているワンコ、よく見かけます。過酷な環境に居る割には呑気で、道路の真ん中で寝てたり、道路に飛び出したりするし(涙)。あとはやっぱり病気でしょうか。

v-22マッシュ母さん
ノラさんは皮膚病はほぼ100%、そして他の人畜共通の病気もいっぱい持ってると思われるので、母犬やパピーは人懐っこくて寄ってきてくれるんだけど、ポタンや自分達の事を考えると、やっぱり触ることだけは我慢…という感じです。

v-22utaさん
全てのノラ犬に家庭犬の暮らしを与えてあげることはできないし、たぶん今のインドではその必要はないと思います。ただ、ここでも犬を飼う事がブームになってきているので、その命だけは、責任をもって一生大事にしてほしいなぁと思います。

v-22じゅじたん
そうなんだよね。日本人から見るとインドってカースト制度も含め色んな事が「可愛そう」とか「ひどい」て思えるのだろうけど、それはインド人がどう考えるかが大切で、私達は口を挟むことではないなぁて正直思うようになったな。母犬ちゃん、ちょっとラブみたいで可愛いでしょ。ポタンめちゃ好かれてるんだ実は(笑)。

| クリコ | 2008/11/24 00:06 | URL | ≫ EDIT

マレーシアはもうちょっと良いかも.お外犬達の子供は順調に拾われていきます.勿論,警戒心が強すぎる子供はそのままお外犬になりますが,警戒心が芽生える前に大抵貰われていくので.特定の場所に居付いているお外犬は奇特な方が避妊手術もさせますしね~

| kesshu | 2008/11/24 14:32 | URL | ≫ EDIT

v-22kesshuさん
ムスリムの国は犬より猫を大事にするイメージなんですが、マレーシアではノラさん達もちゃんとおうちを見つけてるんですね♪インドのノラさんはあまりにも数が多くて、手術をしていくのはかなり困難。とりあえずケガした子とかは動物救急車のようなものを呼ぶと施設で治療し、またお外に戻されてます。

| クリコ | 2008/11/25 11:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pochioindia.blog111.fc2.com/tb.php/596-9359fab4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。